FC2ブログ
板橋区成増の不動産屋のひとり言
板橋区成増の不動産屋タカスミコーポレーションの三井と申します。日々の業務のことや業界の裏話、プライベートなこと(?!)を書いてます。疑問質問もお気軽にどうぞ!
新築分譲マンションの大っぴらな値引きが始まった?!
大幅値引きの新築分譲マンション


こんにちは。タカスミコーポレーションの三井です。


昨日から、世間が動き始めたようです。電車も道路もそれなりに普段通りに戻って来たようです。それにしても、急に秋が近づいて来たような感じですね。嬉しい限りです。今日は打って変わって暑いですが。。。


今日は、成増にある新築分譲マンションのお話し。東武東上線成増駅から徒歩15分くらいでしょうか?和光市白子3丁目に去年12月に完成した新築分譲マンションです。上の写真を見ていただければお分かりの通り、大幅な値引きがなされています。それも大っぴらに!


こういった大っぴらな値引き広告は今まであまり目にする事がありませんでした。どのお部屋も1000万円くらい値引きされてます。中には2880万円なんてお部屋もあります(この2880万円のお部屋は目玉物件だと思うのですが。。。)。


わたしの感覚だと今までは値引きって、裏でこっそりと行なわれていた行為っていうイメージなんですが、遂に大っぴらにやる時代になりましたかね?


それにしてもスゴイですね!みんな1000万円引きですよ!このマンションが良いか悪いかは、わたしはお部屋の中を見ていないのでナンとも言えませんが、新築分譲マンションが3000万円台の前半で、買えるって言うことは買う側にとってはとっても良いことですよね?和光市に建っているとは言え、成増駅から15分くらいで行ける場所ですから、良い距離じゃないでしょうか?(成増駅から少し下がった場所ですが。。。)


三井住友銀行のローンシュミレーションで計算してみてください。(借り入れ金額や金利はシュミレーションの例の通りに、入力してみてください。)シュミレーションの結果だと、
金利3.0%の時の毎月の返済金額が105,000円ちょっと。
金利3.5%の時だと112,000円ちょっと。
金利4.0%の時だと120,000円弱ですね。
(ボーナス払いの月は、もう少し返済額が増えてますね)
3000万円の借り入れで、30年のローンならばどうにかやって行けそうな気がしません?現実問題として住居にそれ以上のお金を注ぎ込む事は危険です。


がしかし、ここでひとつ、大切な事を忘れてはいけません!それは分譲マンションの場合、ローン以外に毎月修繕積立金と管理費が必ず掛かってきます。これらの金額が毎月おおよそ20,000円前後でしょうか?ローン+この20,000円ちょっとを合計して支払って行けるかどうかで判断しなくてはなりません!


分譲マンションのモデルルームとかで、簡単に計算してくれますが、その計算する時の金利って提携ローンって言われる、極端に金利の低い数字で計算して、なおかつ変動金利で計算したりするので、最初に教えてもらう返済金額って結構安かったりするんですね。その金額に目がくらんで、物事の見境が付かなくなってしまう方もいるので、注意してくださいね。


わたし自身、不動産屋に勤めてますが、不動産に対する考え方って、どうでも良いって感じです。若い頃から「俺は必ず自分の家を建てるんだ」って言う考えはほとんどありませんでした(笑)。どちらかというと、住まいにお金を掛けるよりも、普段の生活を楽しんだ方が良いじゃん!って考え方ですね。ですから独り者の時に借りていたアパートなんかも、ボロボロで家賃はとにかく安い所ばっかりでした。どうせ昼間は仕事で部屋にいないんだし、夜は寝るだけの生活ですからね。そんな住まいにお金を掛ける事が勿体なくて仕方がありません。ですから一人暮らしをしていてもお金はどんどん貯まりました。ギャンブルもしませんし。。。


話しがわたしの身の上話しになってしまいましたが、何を言いたいかと言うと、毎月のローンに追われて、日々の生活にゆとりが無いのでは、不動産を買う意味が無いのではないか?ってことです。今のご時世、何が起こるか分かりません。無理をして不動産を買ってしまって後になって後悔しても遅いのです!


この物件のことで何かご質問があればお気軽にメールや電話をくださいね!


板橋区練馬区和光市の不動産情報


有限会社タカスミコーポレーションの三井でした
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitui3.blog28.fc2.com/tb.php/164-79a79e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック